ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS プレーオフ

<<   作成日時 : 2007/10/21 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 プロ野球セントラル・リーグのクライマックス・シリーズ。
 中日ドラゴンズが、讀賣ジャイアンツを圧倒して日本シリーズ進出を決めた。
 ジャイアンツ嫌いの私としては、この結果には快哉を叫びたい気分である。

 おそらく、ジャイアンツ及びそのファンの間では今年のリーグ優勝の喜びが急速にしぼんでしまっているに違いない。
 それはそれで気味がいいと感じる意地悪な気持ちは措くとして、今年度からセ・リーグでも採用されたこのプレーオフ制度そのものには、正直疑問を感じている。

 感覚として、日本シリーズ優勝チームこそがその年のプロ野球日本一。
 リーグ優勝チームが出られない日本シリーズというのはどうなのだろうか。

 今年度は――今年初めてプレーオフ制度を採用したセ・リーグはもちろんのこと――、パ・リーグでもシーズン1位をリーグ優勝と定めた。
 これは、シーズン1位が優勝の栄誉を与えられないならば、長いレギュラーシーズンを戦う意味がなくなってしまうという問題点を解消するための措置だろう。
 だが、そうなると今回のようなねじれ現象が起きうるのだ。

 現在のプレーオフ制度には賛成しかねる。
 どうしてもやりたいというのなら、セ・リーグの1位とパ・リーグの2位、パ・リーグの1位とセ・リーグの2位によるプレーオフなどはどうか。
 これだとどっちかのリーグの1位と2位が日本シリーズで対戦する可能性が出てきちゃうんだが。

 いっそのこと、メジャー・リーグみたいにするのもありか。
 1リーグ制にして3地区に割り、各地区の1位とワイルド・カード1位の4チームでプレーオフに臨むという。
 ま、それだと以前に恫喝的に1リーグ制を主張した某人物が喜ぶだけかもしれまへんな。
 それ以前に「人気チーム」と同じ地区に入れなかった球団の経営が破綻する虞があるかも。

 つまるところ、特定球団が公共の電波を占有し、地域密着を軽んじてきた日本のプロ野球界の在り方の問題でもあるのだろうけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
プレーオフ ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる