ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS 納車

<<   作成日時 : 2008/04/05 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 パートナー氏の車が来た。
 車種は以前にも書いたとおり、スズキのセルボSRである。
 ボディカラーはスパーク・ブラック。
 精悍な面構えにはぴったりな色だと、現車を前にして思った。

 残金を支払い、晴れて我が家の車となった「せるぼん(さっそく命名された愛称)」に乗り、慣らし運転を開始。
 私は例によって助手席族に徹した。
 なぜって、慣らし運転はエンジン回転数とかに気を遣わなければならない。必然的にストレスが溜まる。できればやりたくない、というわけ。

 で、助手席での感想パート2。
 これが、ほぼ試乗のときと同じ。
 シートはホールドも硬さも適度。
 加速感はこれまでのパートナー氏の愛車――1300ccで140馬力もあるというなかなかのヤツだった――と大きく違わない。
 少なくとも日常的な使い方で80〜100km/hあたりまで加速する分には何の不都合もなさそうだ。

 と、順調に走ること数十分。
 ちょっとした買い物のためにスーパーの駐車場に車を入れようとしたときに、我が家ではもはやお約束と言っていい「事件」発生。
 リアビューカメラが機能しないのだ。

 「軽自動車にリアビューカメラ?」と笑わないでいただきたい。
 これは新車購入にあたっての「パートナー氏の野望」その2だったのだ。
 もちろん、その1はカーナビ。
 その3がETC車載器だった。
 それら全部を満たして購入したのが今回の「せるぼん」だったのだから、ギアをバックに入れても表示されないリアビューカメラなんて許されるはずがない。

 というわけで、納車後わずか1時間にして「せるぼん」君、入院。

 ディーラー到着直後、その症状が出ているのをセールスの人に確認してもらった。
 ところがその後、サービス担当に引き渡したところ、ちゃんとリアビューカメラは映るとのこと。
 念のためにと1時間ほどかけて見てもらったのだが、結果は異常なし。
 結局、「しばらく様子を見てください」という、よくあるパターンに落ち着いてしまった。

 ディーラーを出て慣らし運転再開。
 40kmばかり走ってみたが、今度はなんのトラブルも発生せず。
 明日はもう少し遠出してみよう、ということでとりあえず帰宅。

 改めて外回りを眺めてみる。
 うん、やはりいい感じだ。
 明日はどこに向かってみようか、などと考えつつ本日の慣らし運転は終了したのだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
納車 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる