ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS FFVIIACC

<<   作成日時 : 2009/04/19 08:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 発売日である4月16日、現金握りしめて予約してあったコンビニから引き取ってきた「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE PS3同梱版」。
 結構面倒臭いPS3の初期設定を済ませた後、早速「FFVIIACC」本編を観てみる。
 画像の異様な美しさに圧倒される。
 Blu-rayってこんなにきれいなのねって、間近に見てみて改めてびっくり。
 こりゃDVDとは比較しちゃいかんわ。

 内容のほうは、DVD版「FFVIIAC」と比べて随分わかりやすくなっている。
 とはいえ、説明不足は相変わらず。
 だいたい、ゲームで美しいほどまでに完結している「FFVII」に無理矢理続編ストーリーをくっつけちゃったわけだから、蛇足感ありありである。
 最初からストーリーなんかに期待しちゃいなかったんで、このあたりは問題なし。
 「FFVII」でお馴染みのキャラクター達の、いわば二次創作を楽しむノリで構えている身としては十分楽しめる。
 って、私、この歳で「キャラ萌え」してんぢゃねーか。

 もう一つ同梱されていた「FFXIII体験版」について。
 これまた綺麗なグラフィックと滑らかに動くキャラクターに感動した。
 ダメージの表示が分かりにくいのと、予想通り画面酔いしそうなのが難点。
 そんなことより、「このグラフィックで『FFVII』リメークしてくれ」というのが、私の変わらぬ願いなのだが。


 さて、無事にPS3ユーザーになった私であるが、ここ2日間は「戦場のヴァルキュリア」というゲームにハマっている。
 各所でのユーザー評価の高さを頼りに、某電機店のポイントを使ってタダ同然で手に入れてみた。
 すると、水彩画のようなタッチで描かれたグラフィックの優しさとは裏腹に、内容は結構ハード。
 頭使わないと高ポイントを挙げられない設定にも闘争心をかきたてられて、燃える、燃える、燃える。
 ついでに「萌える」要素満載の仕様でもあるようで、いつの間にか出動キャラクターが女性ばっかりになっている私。
 まんまと罠に絡めとられているぞ、と。
 お後がよろしいようで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FFVIIACC ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる