ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大は小を兼ねず

<<   作成日時 : 2011/04/30 16:46   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月半ばのこと。

 トイレに入った際にペーパーがないことに気づき、新しいロールと入れ替えた。
 その際、若干の違和感を感じたのだが、大して気にも留めなかった。

 さて、いざペーパーを使おうとすると……。
 いつもなら軽やかに回るはずのペーパーが回転してくれない。
 無理矢理引き出そうとしたところ、ブチブチと細切れになってしまう。

 すぐに異変をパートナー氏に報告。
「大変だ、トイレットペーパーのホルダーが壊れちまった!!」
 パートナー氏に検分してもらう間、こっちはもうホルダーをどこで買ってきたらいいかの算段までしていた。

 しばらくあーだこーだやっていたらしいパートナー氏だったが、突然
「わかったよ。」
との声が。

「これ、ペーパーの幅が他のより大きいんだもん。」

 これはもう、証拠写真を見てもらったほうが早い。
画像

 見てのとおり、標準サイズのロール(写真左側)よりも1センチメートルぐらい巨大だったのである。

 こんなもん、うまく回るわけがない。

 慌ててホルダーを交換してしまう前に気がついてよかったと、笑い話で済ませられはしたのだが、なんでこんなことが起きたのだろうか?
 12ロール入りのペーパーの残り8個も全部チェックしてみたところ、やはり1個だけが「巨大児」だった。
 二十年来、同じメーカーの同じ銘柄のペーパーばかり使ってきたけれど、こんな珍事は初めてだった。

 早速記念写真を撮った後、せっかくだから保管しておこうかとも考えた。
 しかし、ここはやはりメーカーに送り返すべきだろうとの結論に達し、宅配便で送付した。
 もう一週間ばかり過ぎたが、今のところ何の音沙汰もなし。
 別にお詫びとかがほしいわけでもない。
 それでも、どういう経緯でこんな「巨大児」が生まれちゃったのかについては、いたく関心がある私たちなのである。


 ついでながら。
 よく「大は小を兼ねる」というけれど、そうは問屋が卸さないものが世の中には一杯ある。
 トイレットペーパー1個でそんなことにまで思いを馳せることができたのは、ラッキーだったのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
大は小を兼ねず ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる