ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS ネタパーティー シナリオ1マップ踏破編

<<   作成日時 : 2011/08/03 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『ウィザードリィ 囚われし亡霊の街』、フェアリー男軍団による全マップ制覇計画発動。

 全マップ制覇といったところで、既にマッピングは完成済み。
 したがって、戦闘後にランダムで入手できるアイテムが6人のキャラクター分満杯になった時点でそのエリアは制覇、と勝手に定義して探索を開始した。

 ボーフォンケルク、デ・ブーレ、マシネ・トヘトの各ダンジョンは何の問題もなくクリア。
 召喚士経由でつくった「ビルボ司祭」の召喚したサブナックが、パーティーメンバーの誰よりも行動が遅くて役立たずだったのはちょっと笑ったが。
 いや、召喚したキャラクターのレベルに応じて召喚獣の強さが決定されることを忘れていただけのこと。
 はっきり言って、この段階では召喚獣がいないと困るような強敵は出てこないわけだし。

 で、各キャラクターのレベルも20を優に超えたのでブレスマスラーンに突入した。
 このエリア2にはソードマスターという、これまでにもずいぶんお世話になったオイシイ敵が出現する。
 なにがオイシイって、彼らが落とすアイテムがすべて高額売却可能なものばかりだからだ。
 ソードマスターとの初回戦闘でいきなり不確定名「剣らしきもの」をドロップしてくれた。
 喜び勇んでビルボ司祭に鑑定させると、失敗したうえに「恐怖」状態に陥ってしまった。
 そうだった。
 ソードマスターの落とすアイテムは高額な分、鑑定に技術が必要だったのだ。
 僧侶呪文「Divine Healing」で回復して再鑑定するも、また失敗……。
 結局、1個のアイテムを鑑定するためにDivine Healingを5回も消費する羽目になった。
 ということで、いちいち鑑定するのはやめてアイテムが満杯になった段階でいっぺんに鑑定することにした。
 実は、これがまた面倒臭かった。
 全員分のアイテムを鑑定し終えるために、何度宿に泊まってMPを回復したやら。
 Lv30ぐらいだと失敗の確率が高すぎることを再確認させられた。

 エリア2もクリアしてエリア3に進む。
 もうここではアイテム鑑定なんかで苦労することはないぞ、なんて舐めたことを考えていた報いか、数回目の戦闘で悲惨な目に遭った。
 スピット・イレイサーのグループ魔法1発で5人が死亡……。
 生き残ったひとりも次の魔法でめでたく死亡して、ネタパーティー初の全滅を味わうことになった。
 HPが300とか400だと、いくら装備が万全でもちょっとした齟齬が命取りなのである。

 とはいえ全滅はこの1回だけでブレスマスラーンをクリア。
 シナリオ1最終ダンジョンであるアウダークルクでは、当初予定を変更して6階と7階に籠ってレベル上げ及び貯金に勤しんだ。
 ほとんど先制されることがなかったのはやはりフェアリーの素早さのおかげだったのだろう。
 一度も全滅することもなく全員のレベルを50以上にまで上げることに成功した。
 そろそろシナリオ2のダンジョンに向かうべきだけれど、いささか気になるのは各キャラクターのHPだった。
 ここまでレベルを上げてもHPは1000前後。
 果たしてこんなのでウォーテリング迷宮を生き残れるのだろうか?

 次回、シナリオ2マップ編に続く……の?、これ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネタパーティー シナリオ1マップ踏破編 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる