ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS ビッグドラムその後

<<   作成日時 : 2011/08/30 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この3月に斜めドラム式洗濯乾燥機「日立ビッグドラムBD-V7300L」を購入してから約半年。

 5月に一応の使用感を書いたものの、短所の指摘ばかりが目立つ内容だった。
 その後気づいたことも含めてもう少し述べておきたいと思う。

 3月を境にして我が家の洗濯スタイルはすっかり様変わりした。
 ここしばらくは乾燥機能をフル活用し、洗濯後の屋外干しは皆無になっている。

 大きな理由はふたつ。
 まずは、ものすごく便利であること。
 夜眠る前に洗濯をスタートしておけば、翌朝にはほとんどの洗濯物がそのまま着られるレベルに仕上がっている。
 我が家の生活パターンでは洗濯は夜にならざるを得ない。
 洗濯物を干すために就寝時間が奪われる生活から解放されたのは、パートナー氏にとってハナマル状態というものだ。

 二つめの理由は「毛虫」だ。
 以前に取り上げたとおり、我が家ではカーポートやら2階の雨樋付近に「ヤネホソバ」が発生する。
 こいつが厄介な毒虫であるのは周知のとおり。
 更に、我が家の周囲に植えてある山茶花には「チャドクガ」の幼虫が付くことが多い。
 これがまた凶悪このうえない生活害虫である。
 毒針毛に触れたら最後、長いこと続く湿疹と猛烈な痒みに悩まされる羽目に陥る。
 生きているうちばかりか、死んでも、抜け殻になっても、その毛にある毒は消えないという性質の悪さだ。
 それが風に舞って洗濯物に付着したりするわけだ。
 
 上の二つだけでも乾燥機能をフル活用する十分な理由になる。


 そうそう。
 この日曜日、専用の薬剤を使った「槽洗浄」を行ってみた。
 11時間もかかるとんでもない――ま、機械が勝手にやってくれるわけだが――作業だったけれど、おそらく内部に溜まっていたのだろうと思われる大量の埃が排出された。
 メーカー推奨では3か月毎などと書かれているが、先輩ユーザーのコメントから判断する限り、半年に1回ぐらいで大丈夫そうだ。

 今やこの洗濯乾燥機は我が家のマストアイテムとしての地位を確立している。
 こまめに清掃をしてやる必要があるのが今までの洗濯機とは全く異なる。
 しかし、それを承知で使えばこれほど快適な製品はないと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグドラムその後 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる