ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS エコタイヤの実力

<<   作成日時 : 2012/04/22 23:19   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 2週連続で土曜日に徳島県までマイカーで日帰りするという、かなりの強行日程をこなしてきた。

 我が愛車の「MiTo君」は、パートナー氏が運転を拒否。
 曰く、「あんな大きな車、運転できない!!」のだそうな。

 という次第で、久々に「せるぼん」の登場である。
 購入後4年を経過した「せるぼん」であるが、まだまだ元気だ。
 今は亡き(笑)、セルボの最上級グレードSR。
 時速100キロメートルあたりまでならストレスなく加速するし、走りも軽自動車としてはしっかりしている。
 高速走行だって難なくこなせる。

 今月初めに夏用タイヤを「ECOPIA PZ-XC」に買い替えたばかり。
 メーカー曰く、「転がり抵抗を大幅に低減し、燃費がよくなる」エコタイヤである。

 正直、「ホントかいな?」ぐらいで走ってみたところ、平均燃費20.7キロメートル/Lを記録。
 700キロメートルを走ってのこの数値は、雨やら渋滞やらに祟られたことを考慮に入れれば十分にエコであるといえると感じた。

 が、実はこんなのは序の口であった。
 一昨日、エアコンもほとんど必要のない晴天という好条件で走らせたところ、往路での平均燃費24.7キロメートル/Lをマークしたのだ。
 300キロ走行して淡路SAに入った時点では、瞬間的に24.9キロメートル/Lにまで到達しており、「ひょっとして25キロメートル/Lも夢ではないのか?」なんて思わされたぐらいだった。
 復路は強い向かい風と雨という悪条件の中で、22.4キロメートル/L。
 これだって十二分に立派な数値だ。

 これ、もう、所謂エコカー達とも互角に渡り合える数字なのではなかろうか?

 もちろん、高速道への流入時以外は極力アクセルを緩やかにしか踏まないように気を配り、車速も周囲の車に迷惑にならない程度――時速80〜90キロメートル/毎時――に抑える努力はしたけれど。
 それでも、以前に同じように走った時より、1リットル当たり3キロメートルぐらいは余計に走った計算だ。

 「セルボSR」のカタログ燃費は23.0キロメートル/L。
 よもや、それを上回る数字を叩き出せるなんて思いもしなかった。
 エコタイヤ、恐るべし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
エコタイヤの実力 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる