ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の想い出

<<   作成日時 : 2013/09/07 12:25   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

9月になってしまった。
それにしても、よく遊んだ8月だったと思う…。

信州へ一泊旅行を3回。徳島へ二泊で帰省。
そして、締めくくりは、函館へ二泊三日の避暑〜ヽ(^o^)丿

8月29日、雨が心配だったが何とか持ちこたえてくれたおかげで、
傘の登場もなく元町・ベイエリアの散策ができた。
港町らしく坂の多い函館。
古い建物は異国情緒にあふれていて、小さな美術館や博物館もあって、とても楽しめた。
ソフトクリームが食べたくて、でもお腹いっぱい。
で、お店のおじさんに「小盛りで」とお願いしたところ、200円にしてくれた。
ソフトクリーム販売の客引きさん(?)が多くて、引いてしまっていたので、少し外れたところのお店にしてヨカッタ。

昼食は、観光客らしく(笑)「五島軒本店」でカレー。
なつかしい味がした。

散策後は、立待岬へ。
風が強く、吹き飛ばされそうになりながら津軽海峡を見下ろす。絶景!
風に飛ばされた砂や小石が当たって、チクチク痛いのを我慢しつつ、啄木一族の墓へ。
貧しかった(らしい)石川家…墓は思ったより立派だった。

夕食は「はこだてビール」。
地ビールで乾杯した後は、野菜中心の料理を注文し、たらふく食べたのに5千円台。
観光地なのに物価が安い!!(そういえば駐車料金もリーズナブルだったな。)

一泊目の宿は、函館男爵俱楽部。
比較的新しいホテルなので、とても綺麗で部屋も広〜い。
ミニキッチンやリビングがあり、贅沢に寛ぐことができた。
朝食がこれまた美味しくて、今までの中でもトップ3に入るかも?な感じだった。

8月30日、五稜郭へ。
着いた時は、なんてことない緑豊かな公園という感想だったが、タワーから見ると星型がはっきり見えて、「おおーっ!!」だった。
桜の季節にもう一度来たいな〜。

昼食は五稜郭前の「あじさい」で函館ラーメンを食べた。
とにかく美味しかった、の一言。

トラピスチヌ修道院を軽く見学。
日本最古の女子感想修道院らしいが、当然ながら、見学コースには、修道女の方のお姿はなかった。

さあこれからどうする?
せっかくレンタカーもあることだし、恵山まで行ってみることにした。
恵山岬は観光客が少なく、というより私たち以外にはいなくて、少々拍子抜け(ー_ー)!!
海は静かで、風もなく、とても落ち着いた景色だった。
海はいいな〜。
灯台記念館?も閑散としていた。

二泊目の宿は、湯の川温泉「一乃松」。
建物は古く、部屋も古さを感じるが、昔ながらの温泉旅館という感じ。
函館山からの夜景を見るツアーに参加するため、5時半からの夕食だった。
出かける前なので、ビールは一杯で我慢。

今回の旅で一番楽しみにしていた函館の夜景。
天気が心配だったが、なんとかセーフのようだ。
バスガイドさんのプロな案内で、楽しくバスが進むうちに、最初のポイイント、二合目。
右手に突然現れた景色に「なんじゃこりゃーっ!!」と思わず声が出てしまった。
言葉では言い表せないほどの感動。
綺麗すぎる。
次のポイント、七合目、もう放心状態。
頂上からの眺めは最高の最高の最高ーーー!!
長崎よりも神戸よりも、私の中では、函館サイコー!!だった。
帰りは、ロープウエイで下りて、バスでホテルへ。
小さめの温泉につかり、二日目終了。

さあ最終日。
朝からあいにくの雨。
ゆうべあんなに綺麗な夜景を見せてくれたから、今日の雨は仕方ないかな。
大沼公園へ行き、遊覧船で大沼・小沼めぐりをした。
雲で隠れていた駒ケ岳が顔を見せてくれ、「千の風になって」のモニュメントも記念撮影し、函館へ戻る。

ベイエリアで塩ラーメンを食べて、初日に行けなかった「はこだて明治館」へ。
テディベアミュージアムをじっくり見学して大満足だった。
北海道といえばヒグマ。
ここで出会ったヒグマの中で、特にハンサムだった子を連れて帰ることにした。
「ふとし」と命名。(名前の由来は、夫の名誉のために伏せておこう。)

函館を十二分に楽しんだので、おみやげの買い物もあることだし、早めに空港に行くことにした。
「飛行機が欠航になってたりしたら笑えるよね〜。」
「これくらいの雨で欠航とか、ありえんでしょ。」
などど会話しつつ、ゲート確認。

はい。欠航です(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
ええーーっ!!そ、そんな…。
明後日は仕事なんですけど。

それからが大変。
どんだけ大変だったかは省略するとして、結果、羽田まで飛んで東京で一泊し、翌日新幹線で帰るという方法を選択した。
(ANAの若い男性職員の方が、満面の笑顔で「お客様、本日中に帰れます。」と言って提案してくれたのは、夜の11時半を過ぎて名古屋に着くというもの。
あのね、中部空港から乗った人がみんな名古屋の人とは限らないのよ。
そんな遅くに名古屋に着いても、そのあとの足がないんだよ(怒)ということを、こちらも笑顔で説明。
お兄さん急にがっくり。
でも一生懸命で、いい人っぽかったな〜。)

それにまつわる経費はANAが負担してくれたけど、宿や新幹線の手配まではしてくれず、夫のタブレットで調べて、空港から宿を確保。
新幹線は東京へ行ってからということにした。
このどたばたで、おみやげは満足に買えず、食事もそこそこに羽田行に乗り込んだ。
とほほ…な半日だった。

翌日、新幹線で名古屋へ。
車を取りに中部空港行きの電車に乗り(我が家とは正反対)、めでたく帰宅。
お疲れ様でした。


帰ってみるとうれしいことが一つ。
7月末に蓼科テディベア博物館に行った時、アンケートに答えたのだけれど、その中から20人の人にということで、かわいいピンクのベアちゃんが届いた。
ピンクは私の大好きな色。
やったー!!
さっそく「しなこ」ちゃんと命名。
「ふとし」くんとの相性もばっちりだ。

終わりよければすべてよし。
良い夏であった、ということで。




長文、失礼しました。(by夫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の想い出 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる