そしてさらにポーズ!!

 昨日は嬉しさのあまり、かなり興奮して文章を書いてしまいました。
 その結果、言及しようと思っていたことを書き忘れているのに気づきませんでした。
 というわけで、今日は昨日の補足版です。

 馬場俊英の紅白歌合戦出場決定で、2週間ほど前に「そういえば…」と題して――願望を込めて――予測していた内容の現実味がいちだんと増したように思えます。

 そう、日本テレビ――というか、「The・サンデー」――は、これで「無名時代」から「知る人ぞ知る存在」を経て、「野音での3000人のピース」実現という一大クライマックスを描くだけにとどまらず、ついには「紅白出場決定」という奇蹟的場面までを収録するという稀有な内容のDVDを提供できることになったわけです。

 あまりにも絵に描いたような展開になってきて、正直コワイぐらいの気分を味わっています。


 さて、この文章に皮肉の臭いを嗅ぎとられる方もあるかもしれません。
 実際のところ、私はテレビというメディアがしばしば演出する美談とか成功譚が好きではないのです。

 確かにテレビのおかげで馬場俊英の知名度は飛躍的に上がりました。
 今回の紅白歌合戦出場で、それに一層の拍車がかかることでしょう。
 それは素直に喜んでいます。
 だからこそ、昨日の発表には思わず知らず涙が出ました。

 でも、どんなに有名になろうが売れようが、私にとっての馬場俊英という歌い手の位置づけそのものは変わりようがありません。
 テレビに出るようになった彼が、それでも今までと同じように
「テレビには出ないけど元気にしているよ」
と歌い続けてくれるものと信じて疑わないから…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック