激痛

 いやはや、新年早々参った。

 朝7時半ぐらいに職場に着いてバッグを置こうと身を屈めた瞬間、右の背中――腎臓の上あたり――に激痛が走ったのだ。
 1分ほどは姿勢を変えることもできず、その場で固まってしまった。
 その後、それほど激しい痛みが襲ってくることはなくなったが、急に姿勢を変えるとずきんとした痛みが走る状態がずっと続いた。

 もともと腰や頸椎に爆弾を抱えているため、腰痛・背中痛はしょっちゅうなのだが、今回は今までとは痛みの場所が違う。

 さすがに不安になり、定時になったところで職場を出て掛かり付けの内科医院を訪れた。
 気心の知れた医者は、問診の後すぐにCT検査とエコー検査をしてくれた。

 その結果、内心懼れていた膵臓やら腎臓に異常は見つからなかった。
 しかし、胆のうが委縮しているのではないかとの診立て。
 慢性の胆のう炎である可能性が否定できないとのことであった。
 その診断のためには血液検査が必要というわけで、ちょっとばかり血を抜き取られることになった。
 血液検査の結果が出るまで一週間ほどかかるらしい。

 胆のう炎ならば投薬治療で根治することも可能との話を聞いていささか安心はしたものの、新しい年のスタートがこれじゃあ先が思いやられるなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック