血液検査の結果

 炎症を示す数値は見られず。
 つまり、異常なし。
 中性脂肪の値が異様に高かったのが気にはなったが。

 念のためにということで腹部エコー検査をもう一度してくれることに。
 前回と同じく「検査代はサービス」とのこと。
 先生、商売っ気なさ過ぎだってば。

 ま、それはおいといて、その検査結果…。
 胆のうのサイズは正常に戻っていた。

 あ、念のために前回書かなかったことを補足しとく必要がありそうだ。

 胆のうという臓器は食事直後には小さくなり、空腹時には元のサイズに戻るという特性を持っているのだそうだ。
 先日は食後6時間以上経った段階でCTとエコー検査をしてもらったので、当然元のサイズであるべきところだったのだが、なぜか思いきり縮んでいたのである。
 空腹時に小さくなっているのは慢性胆のう炎の特徴のひとつ。
 そんなわけで血液検査ということになったわけだった。

 なんにしても、血液検査に異常を示す兆候は見られず、唯一の異常である所見もなくなったということは、私の背中の痛みは内臓に由来するものではないという結論になる。
 というわけで、午後から整形外科に出かけて診断をしてもらった。
 そちらでも特段の異常は発見されず。

 うーん、あれは単なる筋肉痛だったっちゅーことかいな。
 ホッとした反面、一抹の不安も残った一日だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月12日 22:15
異常がなくて良かったですね
2008年01月14日 10:28
>長田ドームさま
コメントありがとうございます。
私も一安心しているところです。
結局、日頃の不摂生のツケが回ってきただけのことだとは思うのですが。

ところで、そちらのブログを拝見に伺いました。
まだ少しだけしか読ませていただいておりませんが、当方のどアホな内容とは違って、大変勉強になりますね。
これからちょくちょく訪問させていただこうと思っております。
それでは、今後ともよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック