バルサの食卓

 文庫版『神の守り人』2冊と同時に『バルサの食卓』と題された上橋菜穂子ファンブックが出版されました。

 「守り人」シリーズを始め、『狐笛のかなた』や『獣の奏者』に登場した料理を実際に作ってしまおうという、半分冗談のような企画を実現させてしまった本です。
 当然、ほんとうに料理を作ったのは「専門家」であるわけですが、レシピや写真はもちろんその料理が登場した場面の抜粋、更には料理ごとに上橋菜穂子自身による書き下ろしエッセイまで収められているという、ファンとしては見逃すことのできない1冊に仕上がっています。

 上橋作品に出てくる食べ物が異様に美味しそうなことはあまりにも有名。(もちろん、作者の筆力のなせる業)
 男である私でも食べてみたいと思うことしきりでした。
 レシピを見ながら作ってみようかな、なんて真面目に考えたりしています。

 ところで、「守り人」シリーズ文庫版の続刊時期について『神の守り人』の帯にははっきり書かれていませんでした。
 また1年は待たされることになるのでしょうか…。

バルサの食卓 (新潮文庫)
新潮社
上橋 菜穂子
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック