『資本主義崩壊の首謀者たち』

 久しぶりに広瀬隆の著書を読みました。

 非常に面白い、いや興味深い内容でした。

 サブプライムとかリーマン・ショックとか、ここ1年の間に何度も耳にしていながら今一つその実態や原因について釈然としなかった問題についての解答が明快に示されています。

 以前から、筆者は膨大な資料を丹念に調べたうえで文章を書いているように感じていました。
 本書においてもそのスタンスは変わりありません。
 (客観的なデータと筆者の考えが錯綜していささか読みにくいのが難点といえば難点。)
 もちろん筆者の主張を鵜呑みにするのは危険であると思いますが、本書の内容と照らし合わせることで現実に世の中で起きている事柄に得心がいくのです。

 はっきり言って株とか投資とかいうことについて、私は全くの門外漢です。
 しかし、これだけは言えます。
 個人で投資を行っているような人たちこそ本書を一読するべきであると。
 また、第三章「日本がとるべき新しい進路」に関しては、筆者の考えに賛同するか否かは別として、より多くの日本人が読むべき内容であるとも思えてなりません。

ユーザレビュー:
問題意識に溢れた本  ...
ぜひ投票前に一読を! ...
資本主義がばかばかし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック