三日月から満月へ

 また映画がらみのネタになります。

 先日見た『曲がれ!スプーン』の前にいくつもの予告編が流れました。
 我が夫婦が見る気満々の『のだめ』映画の予告もあったわけですが、実のところ私にとっていちばんインパクトがあったのは『かいじゅうたちのいるところ』のそれでした。

 『かいじゅうたちのいるところ』の原作絵本を初めて読んだのは10年以上前のことになります。
 名作であるとの評判を聞いて手にしたのだったと記憶しています。
 もちろん当時の私は既に必要十分なオッサンでしたけれど、なるほど非常に印象的な作品でした。
 単なる夢オチのようでいながら、描かれた月の変化がそれをやんわりと否定しているという、なんとも不思議な読後感を味わわされたものでした。(飽くまでもオッサンの読み。きっと子供はもっと自由な捉え方をするのに違いありません。)

 さて、本作品が映画化されているという話はかなり以前に朝の情報番組でキャッチしていました。
 しかし、もう間もなく公開される段階にまできているとはついぞ知りませんでした。
 私としては鑑賞するのが楽しみな作品がまた増えました。
 果たして日本ではどの程度受け容れられるのでしょうか。


追記
 全米ではこの10月に既に公開されていたんですね。
 ここまで1か月での興行収入が、今全米で話題になっている映画の公開初日のそれとほぼ同じレベル。
 これって、興行的には失敗ということなんでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのトラックバック