『AVATAR』

 いろいろと話題になっている映画『アバター』を見てきました。

 具体的なネタばれにならないように気をつけながら、感想などを書き留めておきたいと思います。


 一言で表せば、分かりやすい作品であった、というところ。

 上の感想は基本的には褒め言葉ですが、若干残念に思う部分もないでもありませんでした。

 架空の星を舞台にしたSF――ファンタジー色のほうが強いでしょうか――でありながら、現在我々が直面している大きな問題に対するストレートなメッセージが伝わってくる内容になっていました。
 ヒロインに「nature」を想起させるような名前が与えられていたのも監督の意図だろうと思います。
 ただし、日本語吹き替え版で鑑賞したので原語でどのように発音されていたかは定かではなく、私の勝手な思い込みである可能性も。

 前半でさりげなく描かれたことが後半で生かされる形になっていたのには感心。
 たいていは予想の範囲内に収まることではあったのですが、高いところからダイブして植物の葉っぱで衝撃を緩めつつ着地する訓練がクライマックス近くでちゃんと生きてくるのには微笑させられました。
 また、ナヴィ部族の信頼を勝ち得るために主人公が取った行動についての描写が潔すぎて素敵でした。
 あれ、凡百の監督だったら5分10分使っちゃってるところだと思います。

 わかりやすくしようと努める余りなのか、物語をラスボスとの対決に帰結させてしまったことが第一の残念。
 それは単純化し過ぎというものでしょう。

 主人公の最後の選択についてもいささか疑問を感じちゃったり。
 最後まで我々と同じ立場であり続けてこそ、描こうとしたテーマが切実に伝わってきたような気がしてならないのです。

 いずれにしても、見て後悔のない作品だったのは間違いありません。

 3Dについては思っていたほど違和感もなく2時間半、苦痛にならずに楽しめました。
 TOHO系のシネコンだったため、3D眼鏡が異様に重かったですが。

 3Dといえば、やはりIMAXデジタルシアターで鑑賞するのが一番らしいです。
 残念ながら我が家の近くにはない、なんて思っていましたが、実は本作の上映を機に名古屋の109シネマズにも導入されていたんですね。
 なんでも名古屋を入れても日本ではまだ4つしか対応劇場がないとか。
 なんか興味が湧いてきてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック