時代の香り

 大貫妙子や石川セリのCDを車のHDDに録音しつつ、今更ながらに感じていることがある。
 やっぱりLPレコード(カセットテープ)全盛の時代に作られたアルバムなんだなと。 

 レコードやカセットテープには、いうまでもなくA面とB面が存在していた。
 CDはレコードとは比べようもなく大容量なため、もともとレコード媒体であったものをCD化する際には当然A面もB面もなく収録してしまうことができる。
 つまり、盤を裏返すこともなく、一気にA面からB面まで聴けてしまうわけだ。
 これがけっこう違和感を感じさせるのである。 

 なぜか?

 たぶん1枚のアルバムであってもA面とB面それぞれが異なったコンセプトでまとめられていることが多いからなのではないかと思う。

 今回私がHDDに録音しているのは1980年代初めに発表されたものばかり。
 ちょうどCDの黎明期にあたる。
 その後わずか数年でCDは一気に普及し、LPレコードは急速に市場から姿を消してしまうことになる。
 そんな時代の匂いをちょっとばかり味わわせてもらっていたりもするこのごろなのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック