映画『ホビット』に関して

 『ホビット(原作日本語訳のタイトルは「ホビットの冒険」)』の映画化。
 イアン・マッケランがガンダルフ役を再度演じるという情報が明らかになってからずいぶん経ちます。

 しかし、2011年公開予定というわりにはその後の進展は遅々たるもの。
 キャスティングが進んでいるというニュースもほとんど入ってきませんでした。
 この5月には監督の降板が明らかになって、いよいよ暗雲垂れ込める状況に陥っているのではないかと心配していました。

 で、6月28日にeiga.comに載ったこの記事を見て少しばかり光が差してきたような気分にさせられている私です。

 これからの数日、映画関連のニュースには目が離せません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

raza
2010年07月01日 22:00
ピーター・ジャクソン監督、痩せすぎて誰かわからないですね。笑
2010年07月01日 22:47
razaさん。
コメントありがとうございます。
欧米では「太っているのは自己管理すらできないダメな人間」と評価されてしまうそうです。
P・Jもアカデミー監督賞受賞者としてそのあたりに配慮してダイエットしたんじゃないか、なんて言われてるようです。

この記事へのトラックバック