『借りぐらしのアリエッティ』

 基本的にネタバレなし感想です。

 いや、『ゲド戦記』や『崖の上のポニョ』よりはなんぼかマシでした。
 「ジブリ風美少女」がちゃんと出てきたのは何作ぶりでしょう?
 決して二次元オタではない私でもアリエッティは十分に可愛らしく見えました。

 わざわざ欝な気分になるために映画を見に行ってるわけではないので、ちょっぴり切ないけれど未来への希望を見出すことができ、なんとなく心が和むラストであったことにも好感。

 ただし、ストーリーについては不満がいっぱい。
 特に中盤でのアリエッティと翔のぶつかり合いのシーンは唐突に過ぎて白けました。
 頭の中で何度振り返っても、ああいう議論になる必然性が見えてこないのです。
 こういうしっちゃかめっちゃかさはここのところのジブリ作品には珍しくないことではあるのですが。

 ま、招待券を貰って観てきた身ですので、腐すようなことを書くのはこれぐらいにしましょう。
 ストーリーさえ考えなければ、十分楽しめる作品ではありますし。

 なお、パートナー氏はもちろん気に入ってました。
「うちの縁の下にも小人さんがいるといいなあ。白アリ駆除剤撒布してるから無理かもね。」
 っつうのが基本的感想だそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年07月23日 16:30
そういえば最近、ジブリみてないな・・・
あげた3作&紅の豚みていませんし・д・
あまり、魅力がないように感じてしまいますなー・・・
2010年07月23日 23:23
ジブリ作品には『もののけ姫』あたりから違和感感じてるんですけどね。
映像的にはたしかに凄いんですが、ストーリー展開が釈然としないことが多くって。
そんなら見に行くなって言われると困るわけです(笑)
2010年07月24日 21:32
そうなんですかね、、、
なぜか「ジブリ=宮崎駿」っていうブランド化されてる感じしかしないのは私だけでしょうか?最近は当の本人も関わってない気が。。。

まあ、気になる気持ちもネタバラシしたくなる気持ちもわかりますw

あと、ここ2・3日のブログコメントできません><
機械音痴でして。。。

2010年07月24日 22:55
多分「ポニョ」なんかは典型的な宮崎駿作品といえるんでしょう。
あのぶっ飛び方は宮崎が大きく関わってなきゃ実現不可能だと思います。
ぶっ飛びすぎて「イッチャッテル」気がしてならないわけですが(笑)
それを「可愛い」とか「映像がきれい」とかで無条件に楽しめてしまうファンというのがいるのがジブリブランドの強さなんでしょう。
2010年07月29日 22:58
もう他にほめることないんでしょうね。
最近特番おおいですし><
2010年07月30日 23:26
宮崎駿の、多分根っこのほうにあるだろうと思われる思想は嫌いじゃないんですが、毎度毎度「環境問題」みたいなものを取り上げられてしまうと、首をかしげてしまうんですよねえ。

この記事へのトラックバック