で、白騎士はというと

 『白騎士物語 光と闇の覚醒』。

 住民の依頼やら賞金首の討伐やら、クエスト(もちろん「ひとり」プレイ)やらをこなしつつのまったり道中。
 その結果十分にキャラクターは育ち、ストーリーモードは大した苦労もせずに楽々と進行中。
 そろそろ「古の鼓動」部分はクライマックスを迎えた段階だと思う。
 この週末あたりには後半部分に突入できそうな気がしている。

 ここまでプレイしてみた感想。
 とにかく走っている時間が多い。
 私のような「寄り道」大好きプレイヤーは退屈せずに遊べている。
 「ファイナルファンタジーXII」と似た雰囲気を持ったゲームである。
 あれを「糞ゲー」と感じた向きにはお薦めしかねるが、楽しめたという人ならやってみても損はしないだろうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック