『ブッダ』映画化

 テレビの朝の情報番組で、手塚治虫原作『ブッダ』のアニメーション映画化が取り上げられていた。

 正直、初耳。

 この手の番組の常で、原作そのものよりも声の出演が誰それということに焦点を当てた紹介だった。
 ま、それはそれでよい。
 原作について下手なことを喋られた日にはかえって腹が立つに違いないから。

 それにしても、あの大河ドラマを2時間やそこらの映画にできるのかと疑問に思い、ネットで調べてみると……。

 なんと3部作の予定だという。

 納得である。
 納得ではあるが、心配になる。

 『ブッダ』原作は、間違いなく手塚後期の代表作の一つである。
 全巻を一気に読ませる力を持った名作だ。
 中でも――おそらく今回の映画で「第1部」のメインストーリーとなるはずの――チャプラの物語は非常に魅力的であると思う。

 しかし、決定的に地味なんだよなあ。
 「お釈迦様の物語」――それもアニメ作品――に、金を払ってまで劇場に足を運ぶ客がどれほどいるのだろうか?
 ここのところの手塚原作作品の映画化で興行的に成功した作品なんて、あの『どろろ』以外になかったはず。
 続編を作るなんておこがましいといわれるような侘しい興行に終わるのではないかと、ついつい心配になってしまうのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック