刹那に生きる

 『獣の奏者 外伝 刹那』。
 いくらゲーム廃人と化していても、さすがにこの本は発売直後に購入し、読み終えていました。
 
 発売前に本作へのちょっとした懸念を抱いていた私ですが、そんなものはすぐにぶっ飛びました。
 やはり上橋菜穂子です。
 何を描いても実に巧みで説得力があります。
 というより、作中人物に確かな血の温もりを与えたという感じでしょうか。

 エリンもイアルもエサル師も、本伝では作品のテーマに沿って果たすべき役割をきっちりと演じていました。
 外伝である本書においては、彼らのバックボーンが、ある意味、生々しく描かれました。
 作者自身が後書きで述べているとおり、それらは本伝において描かれるべきではなかったエピソードであったのだと思います。

 作者の判断と手並みに拍手。
 ほんとうに見事な作品でした。


 ところで。
 『獣の奏者』はアニメ化の影響もあって若年層にもかなりの知名度を持っています。
 そうしたファンの中には本書を読んで慌てふためく人も少なからずいるのでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック