これは…

 『神様の伴奏者 手塚番13+2』。


 手塚治虫の元担当編集者諸氏――いわゆる手塚番――へのインタビューをまとめた本なのだが、とにかく面白い。
 中には、長く手塚ファンの間で語り継がれ、既に「伝説」と化しているエピソードの実相が浮かび上がってくるものまである。

 ひょっとするとここ数年で出版された手塚関連本の中で最高の1冊かもしれない。


神様の伴走者 手塚番13+2
小学館
佐藤 敏章
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様の伴走者 手塚番13+2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック