爆笑

 パートナー氏と二人で『リトルビッグプラネット2』を始めた。

 前作を相当に楽しんだ私たち、今作は迷うことなく発売日に入手。
 早速遊んでみる。
 期待を裏切らない面白さである。

 正直、私たちのようなアクションゲーム音痴には厳しい部分もあって、序盤から結構死にまくる。
 しかし、これが意外にも快感になったりする奇妙なゲームなのだ。
「わあっ、ジュッだ!!」
「ビリビリだ!!」
 毒死したり、焼け死んだり、感電死したり……。
 かなりエグイ死に方をしているにもかかわらず、なぜか笑える。

 中でも傑作なのは「投擲死」。
 今作ではアイテムを持ち上げて投げることのできるステージがあるのだが、プレイヤーキャラクターもその例外ではない。
 つまり、複数プレイをしていれば、相手のキャラクターを持ち上げて放り投げられるのである。
 で、ついついパートナー氏のリビッツ(本シリーズの主人公キャラクター)を投げてしまったりすることがあるわけだ。
 それが移動中の列車の上だったりすると……。
 合掌(笑)

 ステージクリアだけなら(今のところ)それほどの難易度ではない。
 私たちのようなヘタレプレイヤーでもなんとか先へ進むことができる。
 ただし、配置されているアイテムを全て手に入れようとすると一気に難易度が高くなる。
 そもそも、3人以上同時プレイしないと取れないアイテムがあるため、オンラインプレイをする気のない私たちには端から無理なわけだが。

 という次第で、当分の間は夫婦揃って退屈せずにすみそうなのだ。
 ファミリーには絶対お薦めのゲームであると思う。

リトルビッグプラネット2
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2011-02-10
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リトルビッグプラネット2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック