家電芸人

 最近、職場の同僚二人を馬場俊英ファンにすることに軽~く成功しました。
 地道な布教活動が実った形です。
 まだ「ライブでも一緒に」という流れにまではなっていませんけれど、折を見て水を向けてみるつもりです。

 で、これもまたつい最近、その二人を交えた何人かでカラオケに行く機会がありました。
 私は基本的にカラオケなんてやらないんですが、飲み会の流れで半ば強制的に参加させられる羽目に。
 で、たまたま幹事役が例の二人だったため、「ぜひ、馬場俊英の歌を」なんてせがまれることになったのでした。

 残念なことに――いやいや、幸いなことに、そこに置かれていたカラオケの機種には馬場ソングが数曲しか入っていませんでした。
 ということで、その場にいた誰も知らないであろう「センチメンタルシティ マラソン」なんぞをさっさと歌って場を白けさせ、後は合いの手役に回る作戦に出ました。

 ところが、例の二人、結構しぶとかった。
『掃除機の歌』、お願いします。」
「いや、『冷蔵庫の歌』がいい。」
 などと、リクエストされてしまいました。

 それ以外の人たちには全く理解不能だっただろうと思います。
 これじゃ私、家電芸人ですがな。

 もちろん、分かる人には分かるネタ。
 馬場俊英初心者の彼ら、正確な曲名までは認識しておらず、印象的な歌詞を覚えていてのリクエストだったわけです。

 「ただ君を待つ」と「冷蔵庫に伝言」、この2曲だったら全力で歌ってもよかった私。
 曲がないことを残念がった二人に「スタートライン~新しい風」と「私を必要としてくれる人がいます」を強引に入れられてしまい、仕方なく――実は喜びながら熱唱してしまったのでした。
 なんだか変な気分でした。


 さて、今簡単に調べてみた限りでは、『冷蔵庫の歌』のカラオケは現在のところないようです。
 ちょっぴり悲しかったり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのトラックバック