映画二題

 ちょっと前に『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』と『プリンセス・トヨトミ』を鑑賞してきました。

 前者はシリーズ物独特の「お約束」が理解できていて初めて楽しめる作品といった趣。
 正直、前作のビミョーな出来具合からあんまり期待もしてなかったわけで、その意味では裏切られた感はありませんでした。
 例によって、「登場人物たちが本当のところは何を考えているのかがわからない」という設定のもとにストーリーが進んでいくわけですけれど、それが実にツマラナイ。
 勿体ぶらずにもっとすんなり話を進めてくれたほうがこっちとしてはありがたかったような。
 結局、主演者を鑑賞する映画なんでしょうね。


 さて、後者。
 原作者が例の万城目学ですから、まともなストーリーのはずがないことは最初っから織り込み済み。
 無理矢理な部分や明らかな矛盾点もありましたけれど、私は楽しめました。

 まあ、これは相性の問題とも言えるでしょう。
 なんといっても、テレビドラマ版『鹿男あをによし』が大好きな私なのですから、『鹿男』主演男優のカメオ出演とかは素直に喜べました。
 主要キャストを演じた女優さんはもちろんのこと、『鹿男』のナレーションを務めた人が大阪国総理大臣を演じていたり、音楽も同じ作曲家が担当していたりと、サービス満載。
 逆に言えば、そういう思い入れがない人にはなんてことない映画であるということも分かります。
 結局、『鹿男』ファミリーを鑑賞する映画なんですね。(これは言い過ぎ?)


 それにしても、フジテレビがつくる映画って主要登場人物がよく銃で撃たれますけれど、これ、なんか縁起担ぎなんでしょうか?
 今作のそれなんて、完全に余計な演出にしか思えなかったのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック