『ハリー・ポッターと死の秘宝 パート2』

 これを書こうと思って、前作(パート1)の感想を書いていなかったことに、初めて気がつきました。

 前々作――「謎のプリンス」――の出来が個人的にはアレだったもので、前作はあまり期待もせずに鑑賞したところ、これが思いの外面白かった、というのが今更ながらの感想です、はい。

 で、前々作の感想でテキトーなことを書いていたら、見事に的中していたのにちょっとびっくり。(しつこく書きますが、原作は5作目の冒頭部で投げました。)
 ていうか、あの人が悪人であるなんて、原作を読み始めたころからどうしても思えなかった人間なのです。(ちなみに第1巻の初版を持っている程度の愛読者でした。)

 自慢話はさておき、今回の映画。
 私たちとしては、もう「我が子の自立を見守る親」の気分で鑑賞してしまいました。
 他の多くのファンと同じように、10年間も付き合わせてもらってってきたわけです。
 主人公やドラコがどんなにオッサン顔になってしまっていようが、スネイプ先生やマクゴナガル先生の容色に覆い隠せない衰えが現われていようが、ほぼ同じキャストで長きにわたってつくられ続け、完成を見たことに十分満足させられました。
 大団円を迎えたことに心からの拍手を送りたいと思います。
 もうこれ以上、書くべき感想はありません。

 原作者様。
 間違っても、「A・S・ポッター」シリーズなんて書こうと思わないでね。(挫折者の繰り言です。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

アルプスの少年
2011年07月30日 16:27
こんにちは。
いつも楽しく読ませてもらっています。

ハリーポッター、見に行かれたのですか
僕も見に行きたいんですがパート1を見てないので
テレビ放映を待っておこうかな~と思っています
2011年07月31日 21:25
アルプスの少年様。
コメントありがとうございます。

たしかにいきなりパート2を見るというのはチャレンジかもしれませんね。
でも、原作を知らず、パート1鑑賞から1年の期間をおいた私だって五十歩百歩といえなくもないような(笑)

この記事へのトラックバック