ネタパーティー シナリオ2マップ踏破編

 やっぱり続きを書いておこう(笑)

 フェアリー男オンリーパーティーでの『ウィザードリィ― 囚われし亡霊の街』全マップ踏破計画。
 シナリオ2のマップに突入した我がパーティー。
 HPこそ低いものの、高い回避率と素早さのおかげでバヘルメヤ、スターツェン、ディースメンの各ダンジョンは順調に突破できた。
 レベルも盗賊は70を超え、他のメンバーも60に到達している。
 これで苦戦するようならどうかしているというべきだろう。

 シナリオ2の最終ダンジョンであるウォーテリングに挑戦し始めた当初は何の問題もなかったのだが、6Fに進んだあたりから暗雲垂れ込める状況に。
 非常に素早い敵である「アエラディー」や「嘲笑のビフロス」に遭遇すると石化や麻痺の全体攻撃を喰らって危機に陥ることが多くなってきたのだ。

 これまでは回避率を重視して「ネイチャーグローブ」や「ネイチャーバックラ―」を装備させていたのだけれど、これらの防具には特殊抵抗にも呪文抵抗にもプラス効果がない。
 ウォーテリング迷宮の深部には物理回避率の高さだけでは対応できない敵が多数出現するので、上のような装備では戦闘が安定しないというわけなのである。
 という次第で、全員の「ネイチャーバックラ―」を「祝福された小盾」に変更し、その他の装備もできるかぎり「抵抗+」のついた装備に置き換えることにした。
 その結果、回避率は若干悪化したけれど、それでも平均値は90以上をキープ。
 特殊抵抗アップの効果もあって、ウォーテリング迷宮でも安定した戦いが可能になったのである。
 そして、めでたくウォーテリング迷宮も制覇完了。

 残るはシナリオ3なのだが……。
 グラハム迷宮の8F以降はまともに戦っていては生き残れないよなあ、あれ。
 経験的にはレベルアップによる耐性効果の上昇が考慮されているとは思えない。
 そうなるとHPが1200そこそこのフェアリー軍団では生き残りは困難かもしれない。
 でも、やってみるしかないか。

 明日から実家で山籠もりするので、当分PS3もお預けだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック