電池切れ

 年明けに実家から戻ってきてパソコンを起動したときに異変に気づいた。

 起動にえらく時間がかかった挙句、
「ウィルス対策ソフトの有効期限が切れています」
「パスワードの有効期限が切れています」
という警告メッセージが相次いで出現したのだ。

 そんなはずはない。
 ウィルス対策ソフトの有効期限は今年の8月まで。
 パスワードだって年末に変えたばかりだ。

 そう思ってパソコンのカレンダーを見てみる。
 あれ?
 まだ12月19日とか表示されてる。
 気にしないうちに2週間近くも時間が遅れてたのか?

 更によく見ると、なんと年号は2012年になっているではないか。
 これ、内蔵カレンダーが完全に狂ってるわ。

 久々にマニュアルを引っ張り出してみる。
 すぐに答えは分かった。
 BIOS設定を保持するためのリチウム電池が寿命を迎えていたのだ。
 電池の寿命は約3年。
 このパソコンも購入後3年半が経過しているので、起こるべくして起きた事態ではあったのだ。

 で、今日電池交換をしてみた。
 思ったよりも簡単に交換できて一安心。
 ビデオカードを外さなきゃいけないかと覚悟していたが、ちゃんと見えるところに電池が設置されていた。
 ま、当たり前といえば当たり前だが。

 長いことパソコン生活を満喫しているが、実はこういう経験は初めて。
 そりゃそうだ。
 結構頻繁に買い替えてきてたから、3年以上も使うなんて滅多になかったわけだ。

 まあ、今のマシンに何の不満もないので当分買い替えるつもりはない。
 しかし、HDDの寿命にだけは気を配らないとまずいだろう。
 突然死の憂き目に遭う前にデータの引っ越しを考えたほうが得策かもしれない、なんてことを思わされたりもした事件だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック