馬場俊英 Acoustic Circuit2012 6月17日名古屋名鉄ホール編 ネタバレあり!!

 昨日に引き続いて、今日は6月17日(日曜日)のライブについて書き留めておきます。

 例によってネタバレ配慮しておりません。
 セットリスト等知りたくないかたは御注意を。


 この日は午後から天気が回復し、ずいぶん暑くなりました。
 私たちは会場に到着後、まずは先行グッズ販売でDVDを購入しました。

 ライブには直接関係しないことですけれど、一言書いておきます。
 このDVDと「平凡」CDに関しては、握手会実施の告知時期にまつわる批判があったようです。
 要は、発売前から予約をし、先んじてこれらを入手した熱心なファンを軽んじている――その人たちには握手会への参加権がない――ということへの怒りだったのでしょう。
 これをもってAKB商法と同じだ、などとまで断じた人もいらっしゃったようです。
 しかし、私にはそういう批判や批難は理解できません。
 会場が大きくなった数年前から行われなくなった握手会(サイン会)を、なんとか復活させられないかと考えた末に出した結論があの形だったわけです。
 当然、批判や不満が出ることは想定したうえでのことだったのだと思います。
 「握手会のために何枚ものCDを買わせれば儲かる」とか考えて実施に踏み切ったわけがないのですから。
 (もちろん、私たちのように、敢えて複数枚のCDを購入した人間もいるのですけれどね。)

 閑話休題。


 以下、セットリスト。

01 いつか君に追い風が
02 幸せのウェイティングリスト
03 スニーカードリーマー
04 ギザ10
05 言いたいことはI LOVE YOU
06 Bird
07 右と左の補助輪
08 二十年後の恋
09 味噌煮込みうどんのブルース(名古屋飯のうた その2)
10 人間の駱駝(大塚ガリバーの曲のカバー)
11 平凡(フルバージョン)
12 HALF
13 ボーイズ・オン・ザ・ラン
14 弱い虫

En1 吊り橋
En2 犬はライオンになりたくない
En3 オオカミの歌


 のっけから「いつか君に追い風が」とは驚かされました。
 正直なところ、私はこの曲に出会ったころは好きになれませんでした。
 あまりにも直球勝負だったからなのかもしれません。
 けれど、今は非常に素直に歌詞を受け止められるようになっています。
 で、この日は1曲目からいきなりKOされました(笑)

 「スニーカードリーマー」は、最近の曲の中では何本かの指に入るマイ・フェイバリット・ソングのひとつ。

 「味噌煮込みうどんのブルース」のバカバカしさと演奏の巧みさのギャップが物凄くて、前日に引き続いて大笑い。
 頼むからあんな歌詞でハモらないで~!!
 内藤聡さんの喋りは、もう神の領域。
 他支店の「Bar平凡」のマスターはどうだったんでしょうか?

 やっぱり「ボーイズ・オン・ザ・ラン」はいいですね。
 年末のライブと同様アレンジはこれまでとは異なってましたが。

 「オオカミの歌」。
 最新シングルに収録された4曲の中でいちばん好きな1曲です。
 他会場ではマイクなしで歌ってくれていたとのことでしたが、1000人規模のホールでは無理だろうと諦めていました。
 1日目は予想通り。
 しかし、2日目のこの日はちゃんとやってくれました。
 その声量と気概に大拍手。


 次は6月末に大阪まで遠征予定です。
 どんなサプライズが待ち受けているか、今から楽しみでなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック