馬場俊英 Acoustic Circuit2012 6月30日 NHK大阪ホール編 ネタバレあり!!

 気合いを入れて大阪まで遠征。

 チェックイン時間がきていなかったため、ホテルに荷物を置き、さっそくホールの下見を開始。
 歩いて1分で到着できました。
 まだコンサート会場としての気配はなく、NHKの見学コースを見たり、昼食をとったりして時間をつぶし、2時にチェックイン。
 いつものように部屋でまったり~。
 4時になったのでいざ出陣。
 また1分で到着。
 すでにロビーにはババTシャツを着た人々の姿が多数見られ、戦闘意欲が高まってきました。
 せっかくだからグッズでも購入しようかということで、エスカレータで4階に上がりましたが、人は数人しかおらず、売れ行きが心配に…。(たぶん、多くのファンはツアー開始直後に購入済だったのでしょう。)
 迷った末、ハンドタオルをゲット。
 あとは1階のロビーで開場を待ちました。
 完全アウェイの状態で、やや落ち着かない気分。

 午後4時50分、入場開始。
 席は1階7列目の良席でした。(今回のツアーでの席はどれも7列目より前という強運でした。)




 さて、以下ネタバレ。
 この日のセットリストです。

01 今日も君が好き
02 幸せのウェイティングリスト
03 スニーカードリーマー
04 本日のコーヒー
05 ギザ10
06 言いたいことはI LOVE YOU
07 Bird
08 右と左の補助輪
09 二十年後の恋
10 人間の駱駝
11 春のからっ風
12 平凡
13 HALF
14 ボーイズ・オン・ザ・ラン
15 弱い虫

En1 吊り橋
En2 犬はライオンになりたくない
En3 オオカミの歌


 NHK大阪ホールは音響もシートもすばらしく、心地よい馬場さんの声が更に際立つ感じがしました。
 「オオカミの歌」では、また生声を披露してくれました。

 いつもの告知タイムでは8月リリースのNEWシングル収録曲の大披露。
 「転んだあと立ち上がるときの顔が好きだ(かなり曖昧)……追記 正確には「ころんで立ち上がるときの顔が好きだ」のようです」という、衝撃の新曲が存在していることが明らかにされました。
 恒例のサインボール投げでは、二階席まで届く馬場さんの強肩にあらためてびっくり。
 (実は、その様子に見とれているうちに、他のバンドメンバーが投げたボールを私たちのすぐ前の人がゲットしていました。ちょっと羨ましかったり。)

 充実した3時間。
 これで冬まで馬場さんに会えないので、精一杯ライブの雰囲気を満喫した私たちなのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック