サービスキャンペーン対象

 MiToの修理が終わったとの知らせ。
 思っていたより早かった。
 さっそく午前中に引き取りに行ってきた。
 代車のプントは運転しやすかったけれど、ステアリングとか足回りがフワフワし過ぎていて落ち着かなかった。

 ディーラーで改めて修理内容を聞く。
 交換したのはクラッチリリースプラグ。
 ABSとTCUのリプログラムも実施したようだ。
 (正直、TCUってなんだろうと思ったが、「テレマティクス制御ユニット」の略称らしい。って、これも???の嵐の専門用語なのだが、車載された通信情報システムという理解でよいのかな?)

 預けにいった際にも説明してもらっていたとおり、いわゆる「サービスキャンペーン」の対象に該当していたとのこと。
 「商品性や品質の改善のためにメーカーが無料で行う自動車の修理。国土交通省の通達に基づく制度。」というのがウィキペディアによる説明だ。
 簡単に言ってしまえば、初期不良ってことね。

 
 車を受け取り、帰途に就く。
 うわ、ステアリングが重い!!
 たった3日でプントの乗り味に慣らされてしまったようだ。
 「しかし、やっぱりこの方が安心感があっていい」なんて思いつつ、インストルメント・パネルに目をやると……。
 なんだか違和感が。

 助手席エアバッグの警告ランプが点灯しっ放しになってるじゃないの。

 たった2分でディーラーに逆戻り。

 再チェックはものの1分程度で終了した。
 運転席の下に助手席エアバッグのオン・オフスイッチが設置されているのだそうで、修理に際してオフにしたものを戻し忘れていたらしい。
 脅かさないでよ(苦笑)


 ちょっとばかり慌てさせられたものの、今度こそ退院。
 サービスで洗車してもらっていて、久々にピカピカの愛車。
 気分よく小ドライブを楽しんで家に帰り着いたのだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック