ライブの会場で「ラーメン!」を叫ぶ

 『伝えたいことや表現したいことをすぐに曲にして、すぐにレコーディングをして、すぐに届ける』 = EXPRESS

 馬場俊英が今年リリースした3枚のシングルCDには、すべて「EP」のタイトルが冠されています。

 EP1~EP3、3枚のCDに収録された全12曲。
 一貫して歌われているのは「平凡であることへの肯定」、「日常を生きることの尊さ」であると思います。
 「3部作」という表現が使われていたとおり、この12曲で1枚のアルバムを成すような構成を心掛けたことがよく伝わってくるつくりになっています。
 そう捉えた場合、間違いなく、実によくできた「アルバム」。
 馬場俊英の最高傑作と認める人が多い――私も同意見です――『人生という名の列車』に勝るとも劣らぬ「名盤」であると思います。

 来年にはEP4がリリースされる予定とのことです。
 これまでとは異なったアプローチがなされると予想され、新たな展開に対しての期待が高まります。



 ところで、今日は岐阜市での弾き語りライブ当日。
 ここまでのバンド編成とは異なる曲が用意されているとは思いますけれど、まさか、今いちばんのお気に入り、「ラーメンの歌」がセットリストから漏れることはないですよね。
 高らかに「ラーメン!!」と叫びたくてしかたのない私なのです。
馬場俊英さん『ラーメンの歌』の歌詞

 ライブの感想などについては、また後ほど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック