馬場俊英 LIVE TOUR 2012 ~ スーパーオーディナリー ~ in 名古屋市公会堂

 ちょっと遅くなってしまいましたが、12月2日(日)に行われた馬場俊英のコンサートについて記しておきたいと思います。
 例によって、ネタバレしておりますので、閲覧注意!!です。





 11月23日のclubGに引き続いての参加。
 今回はバンド形式ということで、重複する曲が多いにもかかわらず、かなり趣が異なっていました。

 一言でいえば、すごくいい感じ。

 2007年から馬場俊英のライブに参加するようになった私にとって、最も上位にくるといってもよい充実した内容だったと感じています。

 EP1~EP3の楽曲はほぼ網羅。(あの1曲だけが歌われなかったのが残念。)
 いちばん古い曲が「真珠」。
 次に古いのが「一瞬のトワイライト」と「オセロゲーム」といったところだったでしょうか。
 あ、実際の制作年についてまで知っているわけではないので、的外れなことを書いていたらすみません。

 昨年から始めたプロジェクターによる「歌詞」の投影。
 本来は未リリースの曲を大量にセットリストに入れたことに対する馬場さんなりの配慮だったと思うのですが、今回は古めの曲の歌詞も映し出されていました。
 新規参入のファン、古参の――昔の曲の――ファン、両方に対する配慮だったのだと思います。

 実は、このコンサートには、職場の同僚が来ていました。
 ほんの数週間前に、押し付けるような形でEP1・EP2・EP3の音源を貸したところ、見事なほどの「どハマり」状態。
 その勢いのままに開催前日にチケットを購入してライブにまでひとり参戦。
 当然、EP1~EP3外の曲についてはほぼ知らない状態での参加だったのですが、「スニーカードリーマー」や「一瞬のトワイライト」をいたく気に入ってくれた様子。
 もちろん、会場の皆と一緒に「ラーメン!!」と叫ぶのも忘れなかったそうです。
 馬場俊英の曲を紹介し、プチファンになってくれている同僚は他にもいるのですが、まだライブ参加は実現していませんでした。
 その意味で、彼の参加はとてつもなく心強いものでした。
 ふたりして職場で「ラーメン」談義に盛り上がり過ぎ、ちょっとばかり周りを引かせているのも事実なのですが。

 さて、以下、セットリスト。

01 ギザ10
02 スニーカードリーマー
03 HALF
04 風の羽衣
05 一瞬のトワイライト
06 悲しみよ、明日の星になれ
07 遠くで 近くで
08 真珠
09 ころんで立ち上がるときの顔が好きだ
10 幸せのウェイティングリスト
11 ラーメンの歌
12 ありそでなさそ(with AirKAN)
13 平凡(フルバージョン)
14 勝利の風
15 オオカミの歌
16 弱い虫

En1 犬はライオンになりたくない
En2 オセロゲーム
En3 スーパーオーディナリー(with Air佐藤竹善)

 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」も「スタートライン」もありませんでしたが、今の馬場俊英を感じるには必要にして十分、まさに最高のセットリストだったと思っています。


 ちなみに、来年4月にclubGで行われる弾き語りライブ。
 またもや無事に当選しました。
 会場近くのファンクラブ会員を最優先で当選させているというのは、やはり間違いないようですね。
 私たちのような地方のファンにとってはとてもありがたいことです。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック