家電相談センター

今日も冷蔵庫の件ー。
冷蔵室の温度表示「H℃」について東芝の担当の方は、
「Hは冷媒漏れのサインなので、できれば電源を落としてください。」と。
とっさに、「なんか違うな~。」と思ったが、「そうなのかな~。」とも。
それより「冷媒はガスです。」の「ガス」を「カス」と聞き違え、「天かす」や「酒粕」が頭の中でぐるぐるしてしまい、それ以降の会話が変なことに…。
質問に誠実に答えてくださった担当の方は、「とにかく、何か異常(臭いがするとか庫内の温度が上がるなど)があれば、すぐに電源を落としてください。」を繰り返し、「冷媒漏れのサインで間違いありませんから」と断言。
その時点で、冷蔵室の温度は「8℃」冷凍庫は「-17℃」を表示していたので、取敢えず電源は落とさず様子を見ることにした。
日中はずっとそんな感じで、「冷媒漏れというより古くなって力が落ちてきただけじゃないか?」との思いが一層強まった。
でも「H」が出てたしなー。

やっぱり腑に落ちない。
そこで、「取扱説明書」を再度読み返し、「H」表示の説明を発見した。
「庫内が冷えていないときには、温度表示は「H」を表示します。なお、庫内が9℃になると、温度表示に変わります。」と書いてあった。
「H」が「冷媒漏れ」のサインではないことが分かったので、新しい冷蔵庫が届くまで、老体にムチ打って頑張ってもらうことに。

昨夜も「H」になった瞬間があったが、今朝は冷蔵室「6℃」冷凍室「-20℃」。
明日のバトンタッチまで何とかよろしく~。

今日は友人とランチの約束をしている。
大好きなイタリアン(*^^)v


0

この記事へのコメント