テーマ:DVD

なんともはや

 ようやく『ロード・オブ・ザ・リング』のブルーレイ版が日本でも発売されるようだ。  しかも、劇場公開バージョンだけ。  エクステンドエディション版ブルーレイは『ホビット』の公開に合わせて発売予定とかいう噂までちらほら。  熱狂的なファンからとことんお金を搾り取ろうという意図が丸見えで笑える。  ふふん!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

存在感

 井上陽水の最新音楽DVDを購入して視聴。  還暦を超えているとは到底思えない歌声に圧倒されました。  選曲も素晴らしく、陽水の40年の歩みを辿ることができるようになっています。  これが新品で3000円以下なんて物凄くお得です。  井上陽水との出会いは高校時代。  兄が買ってきた「傘がない」のシングル盤にショックを受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び 「男たちへ 女たちへ」

 ようやく『野音でピース!』の本編DVDを見終えました。  後半になるに従って盛り上がっていく会場の様子を見ながら、今更ながら馬場俊英はライブで堪能するべき歌手であると再認識しました。  圧巻はやはり最後に収められた「男たちへ 女たちへ」。  『BOYS ON THE RUN 4SONGS』に収録されたオリジナル音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今見るべきは…

 12月9日、Amazonから発売日にちゃんと届いた「あの」DVDを見ることもせず、我が夫婦が毎晩のように鑑賞しているのは…。  もちろん、ドラマ版『のだめカンタービレ』のDVDである。  残すは最終回のみ。  ようやく今日は伝説の「大川編」を見られる。  キョーレツな「のだめ」一家は何度見ても笑える。  そして、例の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライブDVD発売

 公式サイトでも発表されているとおり、馬場俊英の初ライブDVDがこの12月に発売されます。  Amazonでも既に予約可能になっています。  「人生という名の列車」と「男たちへ 女たちへ」の2作が共に収録される予定らしいのは嬉しい限り。  フル収録ならばこの2曲だけで20分超になる計算。  ライブならではのハプニングとかも含…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FFVIIACC

 発売日である4月16日、現金握りしめて予約してあったコンビニから引き取ってきた「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE PS3同梱版」。  結構面倒臭いPS3の初期設定を済ませた後、早速「FFVIIACC」本編を観てみる。  画像の異様な美しさに圧倒される。  Blu-rayってこん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白いんですけど

 『鹿男あをによし』DVDボックスが発売予定日より1日早く届いた。  巷で評判の悪いAmazonなのだが、私は今までに嫌な思いをしたことがない。  さて、本日は第1回分を鑑賞。  明らかに本放送で見たときより面白い。  登場人物の台詞やら表情やらが今後の伏線になっているのが理解できるからなのだろうか。  あと、放送時よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾走

 密林で『鹿男あをによし DVD-BOX』の予約が可能になっていた。  迷わず予約。  TVドラマのDVDを買うのは『のだめカンタービレ』と『七子と七生 ~姉と弟になれる日~』以来だ。  こんな高いものをなぜ?と問われたら、「だって、好きなんだもん」と答えるしかない。  最初はエンディングにおける鹿群の疾走とそれにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲドを読む。

 「ゲドを読む。」というタイトルのフリーペーパー――厳密にいえば文庫本の形をとっています――が配布されているのをご存知でしょうか。  私はこの情報を事前には全く知らず、知人のウェブサイトからリンクされているのを見て初めて知った口でした。  興味を持たれた方はとりあえず下記のサイトをご覧いただくのがてっとり早いと思います。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ

 5月25日に購入したドラマ版「のだめカンタービレ」のDVD。  本日、全編を鑑賞し終えました。  連続テレビドラマを毎週欠かさず見続けるという、私にとっては奇蹟に近い壮挙を達成せしめた本放送から半年。  DVDで改めて見直してみて、このドラマはやはり傑作だったのだと実感しました。  マンガだから許されるはずの表現まで実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more