ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューマシン

<<   作成日時 : 2008/09/05 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週の土曜日、無事に新しいパソコンが届いた。

 本体はエプソンダイレクト、キーボードとマウスはamazonで、ディスプレイは地元の家電量販店でと、ばらばらに購入。
 日曜日から移行作業を続けてきて、本日でようやく一区切り。仕事から帰ってきて少しずつ設定をしてきたので、結構日数はかかったけれど、費やした時間はそれほどでもない。

 今回、いちばん感動したのはWindowsVistaに標準搭載されている「Windows転送ツール」の威力。
 私とパートナー氏のデータ一式はもちろん、インターネット接続の設定などもそのまますんなりと移行できた。ある意味、拍子抜け。

 その割に日数がかかったのは、インストールされていた「Nero」というソフトのOEM版に関するトラブルが起きたためだ。
 設定開始2日目。「Nero」を起動してみたところ、「最新版にアップデートするか?」などと尋ねられた。
 迷うことなく「はい」を選ぶ。すぐに「更新」の画面になった。
 アップデートファイルの容量は400メガバイト近くが示されていたと思う。
 で、ダウンロードを開始。
 …えらく時間がかかる。
 10分ぐらい待っても数メガバイトしかダウンロードが進まない。
 こりゃ後日回しにしようと思い、キャンセル。

 ところが、その次の日。
 再度同じことを試みると、「MSIエンジンは更新に失敗したので、手動で更新せよ」とかいうメッセージが出て、ダウンロード不能の状態に陥ってしまっていた。
 いささか慌てて、「Nero」そのものの再インストールを試みてみた。
 …アンインストールさえできなくなってる!
 何回挑戦しても「シェルマネージャーが破損…」などというメッセージが表示されるばかり。
 なにこれ?

 こりゃ我が家恒例、「いきなりシステム自体の再インストール」かよ?などと思いつつ、念のために上のメッセージを検索エンジンに入れてみた。
 あった、そのまんまの正解が。
 「Nero」ってそういうソフトなのね。
 ということで、「Nero」のウェブサイトからアンインストーラをダウンロードし、無事にアンインストール〜再インストールに成功。
 ちょっと冷や汗の2日間を余儀なくされていたというわけである。


 トラブルに見舞われたものの、ニューマシンは快調そのもの。
 重くてかなわないといわれるWindowsVistaもサクサク動く。
 クアッドコア3GHzとハイエンドビデオカードの組み合わせで遅かろうはずはないけれど。

 あと、思い切って24インチのワイド液晶ディスプレイを導入したところ、これも快適この上ない。
 初めて起動したときには画面左下にドット抜けらしきものを見つけて落ち込んでいたのだが、結局のところ表面にこびりついたゴミであることが分かって一安心。
 だだっ広い画面に感動するばかりである。

 残るは古いパソコンの始末だけだ。
 職場の同僚が買いたいと言ってくれているのだけれど、あんなでかいマシン邪魔になるだけなんじゃないかと思うと簡単には好意に甘えにくい気もしているのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ニューマシン ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる