ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『のだめカンタービレ 第24巻』

<<   作成日時 : 2010/05/06 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月末、おそらく映画公開に合わせる形で発売されたのが本巻。

 「24巻」とナンバリングされてるが、単純な続巻というわけではない内容だ。
 とはいえ、当初告知されていた「外伝」というのとも異なる印象である。

 いわゆる「パリ編」が、のだめの葛藤を中心に描いて、どちらかといえば重苦しい場面が多かっただけに、本巻の弾けっぷりはひときわ目立つ。
 まるで「日本編」のころに舞い戻ったような感覚にさせられる。

 思えば、作者はのだめと千秋の行く末に決着をつけるべく「パリ編」において呻吟したに違いない。
 その重圧から解放され、のびのびとペンを進めたという感じが全編から読みとれる。
 とにかく面白く、愉快な気分になれる巻。

 世間的には辛口評価をされることの多い「パリ編」ではあるが、私は決して嫌いではない。
 しかし、この巻を読んでみると、「のだめ」の真骨頂はこういうバカバカしさにこそあったのだと思わないわけにはいかないのである。

のだめカンタービレ(24) (KC KISS)
講談社
2010-04-26
二ノ宮 知子
ユーザレビュー:
また楽しめる?前巻は ...
ひさびさにコメディが ...
これって…ブー子カン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
『のだめカンタービレ 第24巻』 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる