ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS メインHDD換装

<<   作成日時 : 2012/02/26 13:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 デスクトップマシンの起動HDD換装作業を行った。

 自力でシステムドライブのコピーを取る知識はないので、現在の環境をまるごとコピーできるアプリケーションに頼ることにした。

 この手のアプリには不具合が発生するものも少なくない――最悪の場合、移行に失敗するだけでなく、元データまでブッ飛ばしてくれることもある――との情報を仕入れていたため、「引っ越し」ではなく「コピーできる」という製品を探し、その中でも、新規のHDDをそのままUSB接続できるケーブルやら変換コネクタやらが付属しているものを選んで購入した。

 こういう作業に際しては、大概の場合なんらかのトラブルに巻き込まれることが当たり前の私。
 HDDのコピーが3時間ほどで無事に終了したのは、ある意味新鮮だった。(実はワンタッチボタンを押しただけでさっさと眠っちゃったんだけど。)

 今朝。
 旧HDDから異常なく起動できることを確認した後、いよいよ換装の作業。
 以前にも書いたとおり、我がマシンのHDDの取り付け・取り外しは極めて簡単。
 旧HDDをベイから引き抜き、新HDDを挿入する。
 以上で完了だ。
 はっきり言って誰だってできる。


 さあ、いよいよ新HDDでの初起動!!

 ………。

 画面は真っ黒のまま。

 ひょっとしてコピー失敗の巻?
 やり直しなのか?
 やり直ししろってことだよね。

 電源を落とし、旧HDDを付け直して再起動……。

 画面はまた真っ黒。

 どれだけ待っても真っ黒。

 目の前真っ暗。
 頭クラクラ。


 さっきはちゃんと起動してたじゃん!!!!!!!!!


 落ち着け、落ち着くんだ。
 何か見落としがあるはず。
 旧HDDそのものに異常がないのは先ほど確認済みだ。

 何はともあれ、BIOSの設定を確認してみることにする。
 BOOTドライブをチェック。

 うん?

 なんか変だ。
 システムドライブのブート順が3番になってる。
 1番に戻す。

 神に祈りながら再起動。

 …………。

 ウインドウズのログイン画面が表示される。
 何もかもが懐かしい(笑)

 どうしてこうなったのかは判然としないけれど、たぶん、確認のために一度旧ドライブで起動した際、DVDドライブにアプリケーションのDVDを入れたままにしていたのがいけなかったのだろう。

 いつでも旧HDDに戻れることに安心し、再び新HDDに換装。
 念には念を入れ、BIOS設定でBOOTドライブが新HDDになっていることを確認した後、ウインドウズを起動。
 無事、成功。


 めでたく新HDDへの移行は完了し、今、こうしてブログを書いている。
 これで当分の間はHDDの寿命について心配することはないだろう。
 いざというときには旧HDDを引っ張り出せば急場は凌げるわけだし。

 それにしても、ブラックアウトした画面を2度も見たときにはこっちの寿命が縮むかと思った。
 これじゃHDDの寿命が延びたって意味ないような気がしてならない私である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メインHDD換装 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる