ブログ版 趣味人の放言

アクセスカウンタ

zoom RSS 眼底検査

<<   作成日時 : 2017/08/08 21:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005年3月頃、網膜円孔が見つかって、周りをレーザーで焼き固める処置をした。
それ以来定期的に眼底検査を受けている。
最初はきちんと3か月ごとに行っていたが、最近は少し怠け気味だ。
コンタクトレンズの注文もあったし、今週末から眼科が夏季休診に入るので、思い立って夕方行って来た。
ついでにコンタクトの定期検査もお願いし、視力検査や屈折検査など一通り終えて診察室に入ると、見慣れない女医さんが…。
私が「?」な表情をしたのを察知したらしく、
女医 「院長が良かったですか?」
私   「10年以上診て頂いているので…。」
女医 「呼んできますので、しばらくお待ちください。」
すぐに院長先生登場
院長 「眼底写真はとりましたか?」
私   「いえ、まだ何も…。」
という訳で眼底写真を撮ることに。
眼底検査をすれば分かることなのにな〜と思いつつ、看護師さんのあとについていくと、真新しい機械発見。
眼底写真を撮る機械のようだ。新品の臭いがする〜。
言われるままに目を近づけたが、なかなかうまくいかず右目は3〜4枚も撮った気がする。
わたしの要領が悪いのが1番の原因としても、看護師さんの説明不足もあるよな…というのが正直な感想。
半分は練習台にされたんだろう、きっと。
散瞳後の眼底検査はいつもと変りなく、「穴の周りはしっかりくっついてますよ。」ってことだったので安心した。
コンタクトレンズを注文して今日は終了。

帰宅後、修理が済んだダイニングチェアーを家具屋さんに取りに行った。
行きは東に向かったのでさほど気にならなかったが、帰りは西に向かうのでまぶしくて目が開かない。
危ないのでコンビニの駐車場で夫に運転を代わってもらった。
散瞳するとまぶしいのはいつものことだが、今日は一段とまぶしかったな〜。

PS 
今日の女医さんは院長先生の息子さん(眼科医)の奥様だそうだ。
月に何回か診察をされるとのこと。
なるほど、医者一家なんだ。
そろそろ新旧交代?新しい機械はそのための設備投資なのかも〜なんて思ったけれど考えすぎ?!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眼底検査 ブログ版 趣味人の放言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる